6月27日(水)「生活と自立の時間」焼き板製作②+「保健指導」

                〘焼き板〙の色つけと夏対策の勉強と。

 1年生はそれぞれの基礎学習の時間、2・3年生は今日の「生活と自立の時間」を利用して3週間前に焼きいれ、磨きをした焼き板に、数年来お願いしているトールペイントの先生に来ていただき(講師料は今年も無料。いつもありがとうございます)、色つけをした。

模様は各人の自由で好きなアイドルの名前や気に入った絵を入れたり。乾いたら紐を通す穴をドリルで開けて完成。あとは飾るだけ。当分の間は自立支援室前の廊下に展示の予定。

で、生徒の感想 「絵の具を塗っているところが面白かった」 「楽しかった」などなど。

             

                〘焼き板〙に色つけです。思った通りにできるかな??

                           

                  みんなの力作『完成』しました!

この企画は1時間ものなので、残りの1時間は 「保健指導」。今日は 「熱中症予防」 について。難しい内容もあったけど、養護教諭の巧みな誘導質問で理解を深めていく。

またもや生徒の感想 「いい勉強になった」 「ならんように気をつける」。

              

              皆さんも水分をこまめにとったりなどで熱中症対策をしましょうね。

そうそう 「カナヘビのふ化プロジェクト」 反対派の 「念」 もあってか先行き暗し。カビが生えたり壊れたりーーー。残りの卵に期待するのみ。

                            

                         どうかふ化してくれますように・・・(>人<)

6月20日(水)校外実習「シャープ特選工業」見学

      ⇓今回はここお邪魔させていただきました⇓

                         

台風4号上陸の影響で実施が危ぶまれる中、キャンセルは当日朝でもOKというシャープ特選工業さんの温かい配慮をいただき、4号が猛スピードで駆け抜けたこともあって実施することができた。
(ただ、他の地域では大きな影響があったのは残念で被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げます)

シャープ特選工業さんは、国の障害者雇用政策が積極的に進められるはるか前(1950年設立、前身はさらに遡り1944年設立の早川分工場)にシャープ株式会社創業者の早川徳次氏によって設立され、
「(障がいを持つ人の)自助自立を目標に自分で考え動くことを実行する」をモットーに運営されている。

お話を伺い、社内を見学し、資料を読ませていただく中で、60年間にわたる実践によって蓄積された(雇用する側・働く側の両方の視点を踏まえた)様々な知恵が会社運営に生かされていることを感じ大層感銘を受けた。

お話は生徒たちには少し難しかったかもしれないが、働くことの意味や大変さや楽しさについてそれぞれ何か感じ取ってくれたのではないかと思う。

お忙しい中、お仕事中にもかかわらず説明や見学で私たちのために時間をとっていただきありがとうございました。今後もご無理をお願いすることがあるかと思いますが、その時もまたよろしくお願いします。

                
           ⇑ 路線図確認中です。    ⇑ 会社の歴史を勉強中・・・   ⇑ 社会に出るって大変だ。

                             

             \シャープ特選工業の皆さまありがとうございました!/

6月13日(水)「生活と自立の時間」 ジャガイモ収穫とサツマイモ植え付け

 今日は2・3年生全員で1年生が収穫した残りのジャガイモを収穫。今後のプログラムの関係で急いで開墾し直し、次はサツマイモの植え付け。

 その後、職員と代表生徒がジャガイモを茹でている間に、他の生徒は来週の校外実習の行き方調べ(自宅から集合解散場所までのルートと運賃の下調べ)で2時間たっぷりの企画。

 ホクホクのジャガイモはやはり絶品でバター・マヨネーズ、あっさり派は塩、極限のあっさり派は何もつけなくてもグー、とのことでした。

本校支援室では「食べて楽しめる作物」の限定栽培が伝統です。

             

         \\ジャガイモいっぱい獲ったど~~!!!//

             
    
    今年は豪勢に金納(蜜)イモの苗植えたでぇ~(^^)/ きっと美味しいゾ

                 

         とれたてとってもくりぃみぃ♪

6月12日(火)ジャガイモ収穫+カナヘビの卵保護?

 1年生は基礎学習の時間にジャガイモを収穫。これは昨年度末に今の2.3年生が植えたもの。残念ながら収穫量はわずかだったが、珍しい(私は生れて初めて見た)ものがジャガイモの下から見つかった。

 というよりジャガイモをほっていたらカナヘビが1匹あわてて逃げだした。びっくりしていると逃げ出した穴から大豆のような物体を数個発見。はぐくみサポーターが興味を持って回収。ふ化させることを決意。

 ネットで情報を検索すると、なんとカナヘビの子供は生まれたあと親と一緒に生活するとのこと。卵を守っていたのだとすると、穴に戻っているかもしれないと再び見に行ってみると親はいなくて、さらにもう数個卵を発見。これで合計10個保護?

 穴に帰しても次の開墾のために潰してしまうので、やはりここは保護・人工ふ化がいいのではと支援室職員の賛否両論の中で決断。

 さて結果はどうなるのか。親の気持ちを考えると感謝されるのか、それとも恨まれるのか。ふ化するのが楽しみなような何だか怖いようなーーーー。

  そうそう収穫したジャガイモは1年生は来週に茹でて食べる予定だったが、全部茹でてしまったので今日の放課後帰り間際に食べてしまったのでした。

       
↑ 右上がカナヘビの卵  ↑ ビンに移しています     ↑ ふ化を待つばかり
  一つ一つは1cmほど   細心の注意を払いました    無事に生まれるかなぁ

6月6日(水)「生活と自立の時間」焼き板製作①(板の切断と焼き入れ)

 かまどで火を焚くのには暑すぎるほど気温が上がったこの日、一年生もそれぞれの原学級授業を振り替えて2,3年生と一緒に作業をしました。午前中に1年生の基礎学習の時間を利用して職員と一緒にブロックとレンガでカマドを組みました。

 

 杉の板の表面を焼くと、節(年輪)の硬い部分と他の柔らかい部分との焼け方の差で模様が浮かびます。ただし焼き加減に注意して焼かないと中心部まで焼けてしまってすごく小さくなってしまったり、いくつかの破片に分解してしまうことになってしまいます。

 けれども、足りなくてもあまり模様が出ないし形も切ったままになるので面白さに欠けてしまうのでこの焼き加減が良い作品になるかどうかの一つの大きなポイントです。

 今日の作業は、焼いた後タワシでこすって焼け焦げの部分を取り除いた状態にまでいきました。日陰で1週間乾かして、今日考えた下絵をもとに来週には彩色して完成です。

 

 また、カマドを使うときには火がもったいないのでいつも調理もします。今日はジャガイモをホイルで巻いてカマドに入れるだけという簡単なものです。簡単でもバターやマヨネーズ、塩などを付けて食べたらほっこりしてとても美味しいです。

 昔からの伝統はやはり正しいのでしょう。柔らかくほっこりした焼き芋は、遠赤外線効果のある落ち葉燃料に限りますね。ちなみに燃料はすべて本校の枯れ枝や枯葉を集めたものなので経済的にも環境的にもgoodです。

      

      

      

  

6月5日(火)体育祭

 今日は朝から一日原学級の一員として赤・青・黄の3団に分かれて体育祭に参加しました。曇りがちで雨の心配もしましたが、最後まで崩れることなくかえって涼しくて楽しく一日を過ごすことができました。

 出場種目は皆それぞれで、100m、障害物競走、棒引き、綱引き、玉入れ、大縄跳び等々です。3年生の一人は昨年度に引き続き応援団に入り、応援合戦でダンスを踊りました。

    

5月30日(水)2.3年「生活と自立の時間」

 花時計のマリーゴールドの種植えを1時間、保健指導を1時間しました。マリーゴールドは苗が大きくなったら植え付けをします。何色かあるので咲くのが楽しみです。保健指導は「傷の手当て方法」です。鼻血の止め方や切り傷の手当て法を学びました。使うことがないほうがいいですけれどーーー

    

  

5月16日(水)2,3年の「生活と自立の時間」

 昨年度の末に植えたエンドウ豆を収穫し、調理しました。さやを開けるときれいな緑の丸い豆がいくつも詰まっていました。料理はエンドウ豆の卵とじです。醤油だしが豆と卵にばっちり合っておいしかったです。

    

    

5月9日(水)校外実習に行きました

 天王寺動植物園に行きました。コアラはブラッシングの最中でした。蝙蝠は赤ちゃんをくわえてぶら下がっていましたが、ずっとこうしているのかどうか疑問がわきました。1年生と2・3年生の正式な顔合わせがまだだったので少し遅くなりましたが、昼食後自己紹介形式で行いました。

    

 

 

 

 

 

5月2日(水)2.3年の「生活と自立の時間」

 昨年度の末に植えたスナップエンドウを収穫し、さっと茹でて好みによって塩かマヨネーズで食べました。ちょうど食べ時のときに当たったようですごく軟らかく甘みがありました。来年も植えようと思います。
 1年生はそれぞれ基礎学習の時間を利用して同じように収穫して食べました。