第33回八尾ライオンズクラブ主催 英語弁論大会に参加

さる8月26日(日)八尾商工会議所にて英語弁論大会があり、翠翔からも
4名の生徒が参加しました。この大会は、英語で5分間スピーチをして、
入賞者のうちから海外研修に派遣していただけるというものです。
残念ながら入賞は果たせませんでしたが、原稿作成、暗唱と準備してきた
ものを精一杯発表することができました。

20120828-153812.jpg

この1冊:第12回 梅原猛『隠された十字架』(新潮文庫)

高校生でも一度は奈良斑鳩の法隆寺には行ったことがあると思います。たいていは小学校の遠足ではじめて行ったという人が多いのではないでしょうか。最古の木造建築があり、たくさんの国宝がある寺ということで、行くわけです。印象はどうだったでしょうか。自分の経験を振り返ってみても、小学生のときには「ふーん、これが法隆寺か。なんや古びた建物ばっかりやなあ。」というくらいの感想の人がほとんどではないかと思います。

 いろいろな文化財と言われるものや、美術品を見慣れ、日本の歴史をよりくわしく学んだうえで、もう一度、いや何回か法隆寺を見直してみて下さい。最近は国宝を収蔵した新しい建物もできたりして、昔のあの懐かしい雰囲気の一部がモダンになったりしていますが、それでも五重塔にしろ金堂にしろ、あるいは仏像たちにしろ、そのすばらしさをしみじみと味わわせてくれます。はるかな歴史の美しさが「かたち」となって我々の目の前に存在している、あるいは古(いにしえ)の飛鳥びとのたましいが我々現代人のこころになにごとかを語りかけてくれる。我々も意識してそういうひとときを持って、美と歴史に関する自分の感性を磨きたいものです。

 さて、梅原猛の『隠された十字架』はその法隆寺建立のいきさつを追究した本です。十字架とあるので、出版当時高校生だった私はキリスト教関係の本かと思っていたのですが、そうではありませんでした。これは聖徳太子およびその一族と法隆寺の関係について書かれた本だったのです。

法隆寺は聖徳太子の怨霊を封じ込めるために建てられた寺である、というのが著者の考えです。著者はそのことを証明するために綿密な実証を積み重ねてゆくのですが、それがとてもスリリングでおもしろい。背後に浮かびあがってくるのは、当時の藤原氏を中心とした権力闘争が生み出す聖徳太子一族の悲劇です。また、たとえば著者の哲学的直観は聖徳太子等身像といわれる救世観音こそが太子の魂を呪縛するためのものであった、それゆえにこれは近代に至るまで秘仏だったのだ、と告げたりするのです。

  梅原猛氏の歴史についての考え方は「怨霊史観」と呼ばれるもので、為政の勝者が敗者を祀るのがわが国の歴史の原動力である、というものです。「まつりごと」でまつられるのは、敗れ去り、滅ぼされた者たちである。これはたいそうおもしろい見方であり、現在ではこの考え方に影響を受けたたくさんの歴史についての本が書かれています。その後にいろいろと研究が進み、ここで法隆寺や聖徳太子について書かれた内容のなかには実証面でも否定されている部分があります。それに現在では歴史的には聖徳太子というよりも厩戸皇子(うまやとのみこ)という呼び名のほうが一般的なようです。しかし、この本が読み手をぐいぐいと引っぱってゆくデモーニッシュな魅力を持っているのは確かですし、血が流れるような歴史の脈動を感じさせるのは今でも変わりません。この著者の本は真実への強い希求を表現する情熱的なうねりを持った独特の文体で書かれています。

日本の歴史に興味がある人に推薦します。この本を読んでから法隆寺に行ってみてください。目から鱗が落ちたように、とてもワクワクするにちがいありませんから。

平成24年度 中学生の保護者対象学校説明会 終了

毎年、8月第4土曜日に行っております中学3年生のお子様がいらっしゃる保護者の方々を対象とした学校説明会を本日(8月25日)行いました。大変暑い中を40名ほどの方に足をお運びいただき、ありがとうございました。

学校長からの大阪の府立高校をとりまく現状にふれたご挨拶のあと、3年学年主任の鳥羽のほうから映像を用いながら、本校のカリキュラムや学習をはじめとする学校生活についての説明を行いました。その後、二班にわかれて校内を見学をしていただきました。

本日の説明会をとおして、本校についてご理解いただき、今後のお子様方の進路選択の参考にしていただければ幸いに存じます。

総務部一同

1学期の進路関連行事をまとめてご報告します

1学期に実施しました主な進路関連行事の内容を、まとめて簡単にご報告します。

4月13日(金) 3年就職講演会

3年生の就職希望者対象で、高校生の就職に関する現在の状況や、就職に向けての心構え、就職試験の内容などのお話をお伺いしました。(講師:元日清食品(株)人事課長・大阪女学院大学 中村憲一先生)

4月28日(土) 3年進路保護者説明会(第1回)

8期生(今年3月卒業)の進路結果を踏まえて、9期生(現3年生)のスタディサポートや模試等から見た現況報告と、進学・就職それぞれの進路別に、「今保護者にお願いしたいこと」をお伝えしました。

「希望進路の実現を目指して~必ず押さえたいポイントと親としての心構え~」(講師:(株)ベネッセコーポレーション 吉川雄介氏)

5月12日(土) 1年進路保護者説明会(第1回) 教育課程説明会

教務部より、本校の教育課程について、エリア選択・科目選択の話をさせていただきました。その後、3年間の進路指導の流れや取り組み、進路実現に向けてのエリア選択、入学してからの11期生の様子などについて、お伝えしました。

 

6期生の久保侑平君(近畿大学生物理工学部遺伝子工学科3回生・入学試験成績優秀者4年間学費全額免除特待生)が、高校時代の親とのエピソードや、合格体験など、ユーモアを交えながら語ってくれました。

1年生保護者の方々へ(久保君の講演より)

6月9日(土) 2年進路保護者説明会(第1回) 修学旅行説明会

8期生(今年3月卒業)の進路結果を踏まえて、10期生のスタディサポートや模試のデータ等から見た現況報告と、入試の仕組みや受験までの流れについてお伝えしました。続いて、学年から、修学旅行についての説明を行いました。

6月18日(月) 3年入試説明会・公務員セミナー(第5回)・就職セミナー(第5回)

5限・6限の2コマで、進路別に入試説明会を行いました。本校からの志望者が多い学校を中心に、15大学(併設短期大学部を含む)、2短期大学、3看護医療系専門学校が参加してくださいました。一般専門学校志望者には、それぞれ希望校を詳しく調べてもらいました。また、第5回公務員セミナー、第5回就職セミナーも行われました。

⇑  公務員セミナー                 ⇑  就職セミナー

7月19日(木) 大阪教育大学キャンパスツアー

1年生16名・2年生14名・3年生8名の生徒38名と、校長先生を含め、教員7名で、大阪教育大学にお邪魔しました。プリズムホールでの人権映画鑑賞の後、電車で移動し、大学の学食で昼食を取りました。大学では、入試課の岸本先生が暑い中、ずっと付き添って、ご親切に案内してくださいました。本校のために、島崎先生の模擬授業、大学説明・施設見学と充実したプログラムを組んでいただきました。本校の卒業生や矢﨑先生の教え子の学生さんも、授業の合間を縫って参加してくれました。

大阪教育大学キャンパスツアーに参加して(感想文)

 

 

 

 

 

合格体験記を更新しました!

「進路の手引き」の中から、今年卒業した8期生の先輩たちの合格体験記をいくつかアップしました。温かい励ましの言葉や参考になる勉強法など、いっぱい詰まった、元気の出るメッセージです。ゆっくり読んでみてください。

謝辞 2012 オーストリア語学研修#15

到着は予定より早くなり、午後6時45分になりました。

これで今回の旅程はすべて終了しました。

このプログラムに理解と協力をしてくれ、見守って
いてくれた翠翔教職員の方々、

プログラム準備をお世話いただいたJTBの井上さん、

5回に渡る事前英語研修に協力してくれた本校
AETのJeremy先生、

CCEで授業以外でも翠翔の生徒たちとたくさんの時間を過ごしてくれた
Pricila先生、

CCE日本人スタッフのナミさん、

早朝に空港まで迎えに来てくれたCCE校長先生、

Woree高校で学校交流を準備してくれたGail先生、

4日間家族の一員として翠翔生の面倒を見ていただいた
6つの家庭の皆さん、

ありがとうございした。

ケアンズ空港 2012 オーストリア語学研修#14

空港チェックイン終了しました。
みんな元気です。

朝食の様子。

20120805-103426.jpg

予定では、JQ015
7時10分着です。
詳細は検索してください。
http://flight.kansai-airport.or.jp/info/kixfltweb/JDD.htm

今日はグリーン島 2012 オーストリア語学研修#13

今朝、Host familyにホテルまで送ってきていただきました。
これでHostの家族ともおわかれです。

20120804-170536.jpg
グリーン島に行きました。船で50分ほどのところにあります。

20120804-201020.jpg
グラスボートに乗りました。

20120804-170556.jpg
海岸で泳ぎました。
ホテルに戻ってチェクインのあと、CCEのプリシラ先生をかこんで食事をしました。

20120804-182503.jpg
そして、ケアンズ最後の夜。なぜかマクドナルドのテラスからまたFire Dance見てます。(・_・;

20120804-192120.jpg

ジャプカイ文化体験、授与式を終えて 2012 オーストリア語学研修#12

午前の授業の後、ジャプカイ(アボリジニ)文化体験
をしました。アボリジニーの文化についての説明を聞
いたり、ダンスやドラマ仕立の神話を見たりする
だけでなく、ブーメランや槍を実際に投げる体験がで
きます。

20120803-203048.jpg
まず、フェイス・ペィンティングからはいります。

20120803-203238.jpg

夜は、ホストファミリーを迎えてのBBQです。
CCEのアンジェラ教頭先生、担任のプリシラ先生から
修了証がおくられました。
夕暮れの公園をホストファミリーの子どもたちといつまでも
遊んでいる姿が印象的でした。

20120803-203959.jpg

実は、河口付近はワニがいるので遊泳禁止なのです。そこで、
ラグーンという無料のプールが、海岸にあります。
海岸沿いが公園になっていて、電気炉が設置されているのです。

夕陽の時刻となると、観光客や大道芸の人たちがどこからともなく
あらわれてにぎわうのです。

20120803-204902.jpg
エスペラネード通りのマクドナルドからipad2で更新。

交流をふりかえって 2012 オーストリア語学研修#11

交流を成功させるにあたって、Woree高校の校長先生、
担当のゲイル先生、付き添っていただいた先生に
感謝します。
「使える英語」予算を申請して、ここまで進めて
きた2012年語学研修ですが、やはりわずかな期間で
成果を得ることはむずかしいです。
しかし、ネイティブスピーカーを前に、ゲーム
やクイズをすすめる時に使った英語は、タイミング
や言葉使いに不自然なところがなく、話している
当人たちも「外国語」を話しているという感覚が
なかったのではとおもいます。「使える英語」を
体験できた瞬間だったと思います。
残された滞在期間中に、なるべくたくさん「英語」
が「外国語」であることを忘れる瞬間を体験して
もらいたいです。

アップロード 2012 オーストリア語学研修#10

無料wifiがたくさんあるときいていましたが、
ホテルは有料。マクドナルドは、うまくつながらず。
CCEは、Wifiは故障だといわれ、苦戦しています。
CCEの近所にあるHide’ Cafeで注文しては、無料の
パスードをもらっているのです。

ケアンズは不思議な気候です。
朝夕は、秋のようですが、昼間は日差しが強くて、
半袖で十分です。

20120802-201752.jpg

閉店時間が迫っていますので、本日はここまで。

Woree高校へ 2012 オーストリア語学研修#09

20120802-200647.jpg

Woree高校は、2010に25周年を迎えた学校
です。昨日と同じ付き添いの生徒に加えて
20人の生徒が集まってくれました。
練習してきた内容を発表しました。
そのあと、習字や折り紙をして交流をしました。

20120802-173347.jpg

20120802-173320.jpg

今までの様子 2012 オーストリア語学研修#08

始めての飛行機での海外渡航でもあり、
寝不足になったみたいですが、それ以外
では、みんな良好です。
ホストファミリーにも恵まれて、夜は
様々に過ごしているようです。

昨日は、手違いで交流校に到着するのが
少し遅れましたが、CCEの校長先生が
Woree高校に連絡をいれてくださったり
して大丈夫でした。

交流会は、本日午後ですが、昨日の授業
の後、教室をお借りして入念なリハーサル
をしました。

2日目午後 2012 オーストリア語学研修#07

午後はCCEで英語の授業の続きとなります。
CCEで担当されている先生はシンガポール
出身で、英語、中国語はもとより韓国語や
ドイツ語も勉強されているそうです。
授業だけでなく、行事も引率してくれます。

20120801-195918.jpg

Woree高校へ 2012 オーストリア語学研修 #06

今朝は、Woree高校へ行きました。
この学校は、ケアンズから南に15分ぐらい
車で行ったところにある公立の学校です。
生徒数は全部で827人だそうです。
到着するとすぐに担当のGail先生から
案内役の生徒を引き合わせてもらい、各クラス
へと別れていきました。

20120801-195602.jpg
バス待ちの時に撮影。
今日は午前中授業に入らせていただきました。
明日は、もう少し多くの生徒と交流会を持つ
予定です。
避難訓練がありました。(・_・;

20120801-195831.jpg

一日目が終了 2012 オーストリア語学研修 #05

午後から睡魔が襲ってきました。
急きょ、CCEのナミさんの提案
で、街を探索しながら英語のクイズ
をする授業に変更しました。
授業のあと少し買い物をしてCCE
に帰校しました。
明日は、Woree高校へ訪問します。

20120801-075625.jpg

20120801-075710.jpg