12月20日(水)生活と自立の時間「焼き芋&紙飛行機」

「中は黄金色の子でございます」


 平成24(2012)年の年末もすっかり押し迫りあと数日で大晦日。これを書いているのが25日なのでクリスマスを話題にすべき所だが、子供もすっかり大きくなってサンタさんも来なくなってしまった昨今はとくに記すこともなく。

 ただ前号で紹介した事務室前のクリスマスツリーについてはお褒めの言葉をちらほらながらも頂き、気分はちょっと上向きかなという所。

 さて今年最後の生活と自立の時間。10月24日に収穫したサツマイモをいただく。調理法は本校定番の「焼き芋」。ブロックで組み上げたかまどで工作物作成などで残った枝葉を使って調理。遠赤外線というかブロックとレンガの余熱というか。この美味しさは食べてみないと分からない。

 川と畑に囲まれた本校の立地ならではのこの企画。煙は本校敷地内で大空へ。

 植え付け時の記事でも紹介したが、今年の苗は「安納いも」の苗。いつもの苗より値段は約2倍。といっても一本45円。はたして費用対効果はいかほどのものか。といぶかっていたが、なんと大正解。初めての食感と味覚。この味はすごい。

 来年はこの苗を指定して買うことにしよう。収穫量は多くはなかったが、スーパーで調べた焼き芋価格と比べたら、手抜き農法の割には元はとったかという所(ここがやっぱり大阪人か)。

 出来上がりを待つ間(40~50分ほど)は紙飛行機飛ばし。風もなく順調に飛行。結構おもしろかったので、次は単独企画にしてもいいかな。

 それでは、本校職員・生徒の皆様、そしてHPご愛読の皆様、今年もお世話になりました。よいお年をお迎えください。3学期もまたよろしくお願いいたします。


              

             ↑クリスタル名物(?)ブロック組みカマド。おいしさが全然違います↑

 

                         

             ↑みんなで紙飛行機コンテスト。今度はもっと広い所でやりたいなぁ↑

今年の本校での説明会 報告

今年の本校での説明会は7月下旬の塾長説明会、図書館見学会、8月中学生の保護者対象説明会、そして10月の中学生体験入学、この12月15日の総合説明会という六つが大きなものでした。あわせて650名を超える方々に参加していただきました。ありがとうございました。限られた時間ですが、少しでも本校の取り組みや大阪の公立高校の良さを知っていただきたいと思い、説明会を開催しております。(写真は今夏の図書館見学会の様子です)

校内の樹木および信貴高安の山なみをはじめ周辺の自然も厳しい寒さのなか、真冬の趣をたたえております。そのなかでも本校では受験を控えた3年生を中心に冬期講習が行われています。1月の大学入試センター試験の本校受験者は120名を超えます。また、運動場や体育館には寒さをはねかえすように、部活動に励む生徒たちの本当に生き生きとした声が響いております。

中学3年生の受験生のみなさんも体調に気をつけて、ぜひがんばってくださいね。本校の説明会は年を明けた1月、2月、3月にも予定しております。申し込みについては本HP「中学生の皆さんへ」をご覧ください。それでは、皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

総務部長

平成24年度 第2学期終業式

今日は2学期終業式でした。2時間授業のあと
大掃除をしてから式がありました。

20121220-163230.jpg
バドミントン部をはじめ、大会で活躍した
生徒の表彰もありました。

20121220-163506.jpg
このあとクラスで成績が渡されました。
来週中には、保護者宛に月例報告を発送する予定です。

この1冊:第23回『よくわかる 百人一首』(日東書院)

 正月が近づいてきました。正月以外の「1月」の異名を覚えていますか。1年生の古典の時間に習うのですが、「睦月」ですね。「むつき」と読みます。さて、正月恒例の遊びにもいろいろありますが、小倉百人一首を使ったカルタ遊びも代表的なものです。よく映像で流れる競技カルタは格闘技のようなすさまじさを持っていますが、一般的には取り札の歴史的仮名遣いに苦労しながら、なんとかとってゆく遊びという感じでしょうか。それに、百人一首の暗誦を課題にする学校も多く、小学校で覚えた人もいるかもわかりません。覚えることの意義を疑問に思わず、歌の意味や作者を意識しない小学生のほうが、五七五のリズムにのった「音の流れ」で丸暗記してしまうので早く覚えてしまうようです。高校生になると「なんでこんなん覚えんとあかんの?覚えて何か意味あんの?」という意識が出てきてしまう人が多いようです。

 できれば百人一首に様々なかたちで親しむのがいいと思いますが、せっかく覚えたり、遊んだりしている和歌の内容を理解し、作者のついても少しは知識を持つほうがいいのは言うまでもありません。教養知識を身につけるプロセスには「理解してから覚える」というものと「覚えてから理解する」というものがあります。日本の芸事、習い事の場合は後者のほうがいいと言われています。まずはごちゃごちゃと理屈をこねないで、身体が覚えるまで反復練習しなさいというわけです。百人一首に親しむのも、そのやり方がいいのですが、百首をいきなり覚えるというのも腰が引ける人が多いと思います。そこで次のような親しみ方はどうでしょうか。まずは百首の中から自分が好きな歌やすでに親しんでいる歌十首を選んで覚えてしまいます。選ぶに当たっては、実際に声に出して詠んでみて、何となくこの歌は好きだなという感じでもいいのです。五首では少なすぎますし、二十首だと心理的に負担になるので十首です。とにかくそれを暗誦できるまで繰り返し覚えます。できれば書いても覚えます。覚えることが必要なのです。覚えたなら、その十首にかぎって、歌の意味や成立の背景、作者のことなどについて解説書を読んで理解します。不思議なことに覚えていない状態でそれらの知識を読んでも頭に入ってこなかったものが、とてもおもしろく感じられるはずです。と同時に知識を持つと作品自体もより感動的にぐっと親しみやすいものに変貌します。これが和歌の「教養が身につく」という状態です。身につくとはまさしく身体で覚えるということにほかなりません。

 今回とりあげた本は、それぞれの歌についてやさしい解説(現代語訳や歌の成立の背景、作者のことなど)と札絵、それにおもしろい二コマ漫画をつけているものです。解説もていねいでわかりやすいですし、二コマ漫画もとても愉快なものです。ここではせっかくですから歌にまつわるおもしろいエピソードを紹介しましょう。この本からも少しはずれるかもしれませんが、本当はこういう知識はくわしければくわしいほどおもしろいものですから。私の好きな百人一首の歌の一つを紹介しましょう。

 いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな

六十一番の伊勢大輔(いせのたいふ)の歌です。この歌の適当なところに漢字をまじえた形にすると、「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな」となります。「いにしへ(古)」と「けふ(今日)」の対比、「八重」につづけて「九重」という言葉の重なりが見事だと言われています。私は音の点から考えて、「奈良」の「な」に「七(なな)つ」が掛けられているという説に賛成です。「七」「八」「九」という末広がりの数字を織り込んでいることになります。それから「けふ」は「キョウ」と発音しますから「京」が意識されていて、「奈良」との新たな対比が含まれているとも考えられます。「いにしえの昔に都があったゆかしい奈良の八重桜、その桜が今の都がある京の宮廷でめでたくも美しく咲き誇っていますよ」という意味になります。何とも明るい調べと内容ですよね。朝廷のいっそうの繁栄をたたえる内容にもなっています。

 平安時代、一条天皇の時に奈良の都から美しい八重桜が朝廷に献上されました。時の中宮は彰子(藤原道長の娘です)で、本来の受けとり役はあの紫式部でした。ところが紫式部はその役を新参女房だった伊勢大輔に譲ったのです。道長はこういう場合は黙って受けとるものではないと言って、伊勢大輔に即詠をうながします。さあ、大変です。当時の中宮彰子の女房は紫式部をはじめとするそうそうたる面々ですし、貴公子たちも一流の人物ばかりです。そういう人々が注視するなかで、即興で和歌を詠むことを求められたわけですから。実は伊勢大輔は四十九番「みかきもり~」歌の作者である大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)の孫で、父親の祐親(すけちか)も歌人として有名でした。いわば歌の名門の家筋の娘だったのです。その名門の血をひく新参女房のお手並み拝見というところでしょうか。一流の文化を身につけた人々のコミュニティのなかに入るのですから、それなりの実力が求められるわけです。それに上手く詠めなければ家門にも泥を塗ることになってしまいます。伊勢大輔は極限のプレッシャを感じたでしょうが、それに負けずに見事に詠んだのがこの歌でした。上に述べたような技巧に加えて、ナ行音が繰り返す見事な調べと晴れやかで格調の高い詠みぶりに一条天皇をはじめ、その場にいた宮中の全員が大変感動したと言われています。伊勢大輔はみごとに名門の子女としての面目を施したのです。(今の感覚で言えば、有名選手の息子としてプロ野球に入った新人選手がチャンスで主力バッターの代打を命じられて、いきなりホームランをかっ飛ばした感じですね。)

 それ以外にもたとえば七十五番の「契りおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋もいぬめり(かたく約束してくださったあなたの言葉を頼みの綱にしてはかない命をつないできましたのに、ああ今年の秋もむなしく過ぎ去ってゆくようです)」という藤原基俊の歌があります。これははなかな約束を果たしてくれない異性への嘆きの気持ちを詠んだものだと思われがちですが、実は自分の息子に名誉ある大役をさせてあげてほしいということを一族の長者に訴えた歌なのです。これを「親バカ歌」 だと酷評する向きもあるのですが、自身が思うように出世できなかった作者がせめて息子にだけは晴れの舞台をと強く懇願する親心の表現だととればいいのではないでしょうか。何とも人間くさいですね。

他にも数々の伝説に満ちた和歌など、とりあげたい歌がたくさんありますが、きりがないのでこのくらいにしましょう。とにかくそれぞれの歌の背景には少なからぬドラマがあります。それらに親しみやすくふれることができるという点でも、今回紹介する本は推薦に値すると思います。書店に行けば、この時期には様々な種類の百人一首の解説書が出ていますから、自分にあったものを購入するのもいいかもしれませんね。

1年福祉体験授業(手話講座)

1年生の福祉体験授業で手話講座がありました。
手話サークル「どんぐり」の皆さんが
クラスに分かれて、手話を教えて下さいました。
普段の生活で意識することの少ない、障がい者
の方の苦労や困っていることがよくわかりました。

20121218-160020.jpg

クラスでの様子です。みんな熱心に
サークルの方の話を聞いていました。

20121218-160127.jpg

12月15日 学校説明会 終了しました

本日、午後2時から本校視聴覚室で平成24年度12月学校説明会を行いました。予報では雨天でしたが、雨も朝のうちにあがり、中学生とその保護者を合わせて参加者は150名を超えました。保護者の皆様には休日に多数足を運んでいただきまして、ありがとうございました。

学校長の挨拶の後、進路部長による映像を使った学校紹介、3年学年主任による学校説明を行い、最後に10のグループに分かれて校内を見学してもらいました。


平成25年からの新しい方式の入試のもとでどの学校を選ぶか?
キーワードは、学びの環境、教師集団の体制、 そして高い目標です。 学びの環境は遅刻の回数に現れます。 翠翔の1年間の回数は、414回です(12月15日現在)。 教師集団の体制は、翠翔が学校をあげて取り組んでいる「教養テスト」と その事後指導でわかります。 高い目標とは、100人を超える翠翔のセンター受験者数と それに合わせた授業内容に現れています。
今後の受験先選択の参考にしていただければ、と思っております。

年内の説明会はこれで最終になりますが、来年1~3月にも順次説明会を開催しますので、本校に興味のある方は参加していただきたいと思います。
中学生の皆さんへのリンク

9期生大健闘!夢に向かって頑張る3年生からうれしい報告が届いています!高知大学医学部看護学科合格! 大阪府警合格!

現在、9期生は1月19・20日のセンター試験(123名出願)や一般入試に向けて、気合いを入れて頑張っているところです。推薦入試では、高知大学医学部看護学科を含め、不況の影響で人気が高まって難しくなっている看護医療、管理栄養、教育系等の学科でも、順調に合格のうれしい報告が続いています。就職も、今年の厳しい状況の中で公務員4名(大阪府警・自衛官)、民間企業7名が内定を勝ち取りました!2013年度入試の合格状況(12月14日現在進路指導部把握分のみ)を速報版でお知らせします。

9期生進路合格速報(12.14現在)

11月28日(水)と12月12日(水)生活と自立の時間「クリスマスグッズ製作」

クリスタルの作りグッズに刮目せよっ!

 前回のアップがイベント実施から随分日時が立った理由について。別にことさら言い訳をする必要もないのだけれど、大方の同業の方はおわかりかと。

 それは2学期期末考査に関わる事務仕事。何年、何回経験しても問題作成・実施・採点・成績処理にはかなりのエネルギーが費やされる。

 「テスト期間、生徒は地獄で先生は天国」という言い回しを聞いたことがあるが、とんでもない。いや愚痴を言ってても仕方がない。支援室の生徒諸君もこの期間は大変だった。
以前にも考査の様子を紹介したが、多い日は2時間フルに試験。課題提出もあって緊張もするし大変だ。

 さて今日の話題へ。グッズとは「リース」と「ツリー」。どちらも校内の藤の蔓(つる)と伐採された木の枝で作る。藤の蔓(つる)の成長はものすごく速く、毎年すっかりいただいても翌年には一本の幹からまた10人分ほどのリース製作に十分な蔓(つる)が伸びる。

 切りたての蔓(つる)は少々太くても柔らかくて加工には最適。曲げて数本からませて好きな飾りをつけて完成。

 ツリーは今年2本目を製作。昨年は緑色のネットを利用したが、今年は担当スタッフのこだわりで、ポットと飾り以外は全部木の枝と蔓(つるで)製作。

 彩色したポットに立ったツリーに色とりどりの折り紙と松ぼっくりで作った飾り(各スタッフの持ち技が生きる)を生徒たちがつけて玄関に設置。考査期間後の気分転換にはいい企画だ。

 生徒諸君は教室へ行く前にちょっと寄り道して、また15日土曜日に学校説明会に来られる方、その他本校を訪れる方がありましたら是非見てください。そうそうリースはクリスタル教室前に展示しました。

                    

                ⇑ 2、3年生で飾り付け&記念写真。上手に出来ました~? ⇑

               

       ⇑ 皆さんぜひぜひ見に来て下さいね!\(>ワ<)/ 玄関とクリスタル前ですよ~? ⇑

11月21日(水)校外実習「奈良平城宮跡・西の京」

         く奈良時代のことを思ふ』

 2学期2回目の校外実習は本校支援室初の企画。サイクリング。まあとくにもったいぶって言うほどのことではなかったのだけど。珍しく快晴、というかこれぞ「日本晴れ」(そういえば最近あまりこの表現は聞かないような)だったのでついテンションが上がってしまった。

 近鉄西大寺駅(東大寺はよく行くが、西大寺駅には西大寺があるということを知らない人が多いのではなかろうか)でレンタルサイクルに乗った我々は、一路薬師寺へ。

                

                ⇑ 快晴の中、自転車に乗っていざ出発です! ⇑

 橿原線沿いに南へ下れば車も人もほとんど出会わない、まるで我々の専用道路さながらの快適な路。

 薬師寺では白鳳時代から残る東塔(明治の初め米国人フェノロサが「凍れる音楽」と評した名塔)残念ながら現在は解体修理中で覆いに覆われていたが。

 気を取り直してこれまた日本の至宝「東院堂聖観音像」。いつもと変らぬ美しいお姿を拝ませて頂いた。合掌。

                      

            ⇑ 薬師寺での一枚です。建物の色合いが鮮やかですね ⇑

 続いては唐招提寺。こちらは解体修理が終わった後。裏庭はいつ訪れても「秀逸」の一言。高僧鑑真のお姿こそなかったけれど紅葉のなかで心も落ち着く。何やら安物の旅番組みたいになってきたかな。

                      

             ⇑ 唐招提寺での一枚。紅葉がとってもきれいでした ⇑

 次は一転秋篠川沿いに設けられた自転車道を北上。釣り糸を垂れるおじさんたちを見ながら平城宮跡へとペダルをこぐ。この道も何回通っても快適の一語。紅葉の今頃もいいけど春先もなかなかのもの。復元された朱雀門付近でお弁当。日本晴れのおかげで寒くもなく小一時間ゆっくりする。

 その後は平城京歴史館を見学。ここでは大画面の3D映像で平城京いや古代国家建設にかけた往時の人々の姿と熱意を目にすることができる。

 もう一つの見学ポイントは復元された遣唐使船。よくもこの船で南シナ海を乗り切ったものだと感心また感心。あのエネルギーこそ今を生きる我々に必要な最高のアイテムではないだろうか。
                      

               ⇑     復元された遣唐使船前で一枚。    ⇑  
               ⇑ これで唐まで航海したんですって。圧巻ですね ⇑ 

 と、柄にもないことを感じた後は大極殿からの眺めを体験。ここで中国や朝鮮半島の国々からの使者を迎えた往時の人々の誇らしさに満ちた胸中は察するに余りある。

 軽い運動と歴史勉強、そして心の洗濯ができたとってもいい秋晴れの一日だった。最後に生徒たちがきっちりルールを守って整然とサイクリングできたことは我々職員にとって何よりも喜ばしいことだった。

12月15日 学校説明会

12月4日(火) 福岡県立玄洋高等学校から学校訪問に

12月4日(火)、福岡県立玄洋高校の後藤先生と秋吉先生が本校を訪問されました。福岡県も生徒急減期に入り、将来のビジョン構築のために本校の普通科総合選択制改編の取り組み経過や進路指導の方法などを参考にしたいということでした。県立玄洋高校は、今年創立30周年を迎えられ、陸上部がインターハイに出場、写真部が全国総合文化祭で活躍されるなど、本校と同じように勉学や部活動・学校行事に積極的に取り組んでいる学校です。

本校の鳥羽教諭から生徒指導、学習指導を基軸にして将来を見据えたキャリア教育により進学実績を向上させていることを報告しました。その後、読書マラソンに取り組んでいる図書館へとご案内し、放課後自習室や教室で試験勉強に励んでいる生徒の様子も見学していただきました。遠く離れた高等学校ですが、未来に翔ける若者の育成に共に連携し取り組んでいきたいと思います。本校には玄洋高校の学校案内とともに地理教師がすすめるフィールドワークブック「福岡県の魅力を探る旅」(福岡県高等学校地理研究会編)を寄贈していただきました。蔵書の1冊として大切に活用させていただきます。ありがとうございました。

1年(11期) 進路説明会を開催しました

12月1日は、土曜日にもかかわらず50人以上の1年生保護者の
方が、1年進路説明会に来られました。
冒頭、校長先生の挨拶があり、そのあと、ベネッセコーポレーション
の吉川さんから、学習時間と進路の関係や、模試の合格可能性の
意味、学習がはじまるまでの30分の準備時間と学習習慣の関係
などが紹介されました。


最後に進路代表の中須賀先生から、各期ごとの学習時間の変化
や11期の学習習慣についてのアンケートの結果、センター入試の
概略などを中心に説明がありました。