収穫野菜調理シリーズⅠ「キャベツ・玉ねぎ・スナップエンドウ・ジャガイモ・ブロッコリー」平成26年度 第3号 

自然のみをいただきます!!

 昨年の秋に植えた野菜たちが見事(それなり?)に成長した。今春になって順次収穫、みんな美味しくいただいた。

 キャベツはこの春異動したスタッフのたっての希望で昨年植えたものだ。葉物は難しそうなので初めは躊躇したが、冬から春にかけての作物なので、水やりの手間や害虫対策もあまり必要なさそうと思い直してやってみることにした。

 お店に並んでいるのと比べると、「玉」になっていない(巻いていない)し葉も硬そうに見えたので一見食べられそうには思えなかったのだが、かのスタッフが3月末ぎりぎりに試しに収穫し食べてみた。何とかいけそうだったので、新学期早々の「生活科学」の時間に2・3年生で収穫調理した。やはり硬かったのでスープにするのがよかろうと、細かく刻んでベーコンとこれも今回一緒に収穫した玉ねぎ(これはここ数年続けて植えている)と炒め、コンソメスープでコトコト、そして最後に溶き卵を流し込む。

 味はというと、これもなかなかGOOD。キャベツや玉ねぎは生徒たちには不評かなと思いきやほとんどの生徒がお代わりしていたのには少し驚きもあったりして。

生活科学の5.6時限を使って調理完了。放課後合流した1年生と一緒に美味しくいただいが、今春入学したばかりの1年生の彼らが食べられて、この春異動した職員や苗を植えた卒業生が食べられないとはーーー。こんなささいなことで「歴史の深遠さ」に思いを致すのはやはり私だけだろうか?

追伸:全部の野菜をまとめて書こうと思ったが、長くなりすぎると最後まで読んでもらえないような気がするので続きは次回に。(決して号数稼ぎではないですよ)

         

            キャベツと玉ねぎの収穫風景。立派に育ってますね!

         

         収穫した野菜の調理風景。これはキャベツを刻んでいるところです。

                

            皆でいただきます!!  美味しい料理にお箸がすすみます。

7月8日(火)「残念ながら七夕は曇り空」 H 26年度 第2号

 星にいを。

 毎年恒例の七夕行事も期末考査終了とともに終わった。支援コース生徒が短冊(合計460枚)を用意し全部売り切れ(もちろん無料)。今年もたいそう好評だった。市販の飾りに手製の飾り(ネット検索で作り方がすぐわかるのがありがたい)を付け足して笹につける。手指の良い訓練になる。作っていたら何となく楽しさを感じるのがありがたい(—年をとっても—)。

 笹は昨年に引き続きスタッフの職員の実家でもらう。今年は長持ちさせるために笹の切り口からペットボトルの水を吸い上げるよう細工したが、効果があったように思う。―――そうであったと信じよう―――。


 頭(こうべ)を垂れてお願いする。敬虔な気持ちを思い出すのに良い機会だ。来年も続けたい。

          

               お手製の飾りを作って、飾り付け。素晴らしい仕上がりです。

                          

                今年も短冊がたくさん。皆さんの願い事が叶うことを祈って。 

7月7日(月)「長い梅雨の季節真っただ中。七夕と期末考査がやってきた」 H26年度 第1号

力の成果を見せる時!

 (今年度最初の投稿がここまで遅くなってしまったことの言い訳はやめておいて・・・・・)

 さて早くも1学期の中間考査も5月末に終わり、あれよあれよと思う間に期末考査まできてしまった。言うまでもなく、中間考査は新入生にとっては高校入学初めての定期考査で幾分緊張気味だった。さて期末考査は?

  みんな限られた時間の中で懸命に答えを懸命に思い出そうとしている。真剣に取り組む姿は美しい。さて努力の結果は?!

 いずれにしても中間考査の反省が今回の期末考査にいかされますように!(七夕のお願いの一つにこれも加えよう)

                   

                 みんな真剣に机に向かっています。がんばれ!!