9月25日(木)生活科学「キャリア教育」 平成26年度 第12号

 1時間目は面接練習のための資料作り。自立支援コース生徒の進路を考えた時、就職、専門学校、職業訓練校、福祉施設いずれを選択するにしても面接試験は必ずある。

 とすればその対策に時間をかけるのは至極当然のことである。などと自分がやっているときには強くでるのが人の常(あっ、自分だけか?とりあえずこんな機会はめったにないので今回はご容赦を)。

 閑話休題。ということで、資料に沿って先ずは「自分のいいところ探し」から始める。「いいところ探し」はなかなかいい方法で、これをするうちにあまり自分を傷つけずに副産物として「短所」も見つかる。どなたが考えつかれたのかは知らないが、ここでお礼を言いたい。ありがとうございます。

 さらにこの資料では、自分で書き出した長所について「当てはまると思った理由」と「具体例」も書き出すように構成されているのでわかりやすくて非常に良い。生徒たちはいつになく真剣に(私語もなく)取り組んでいた。
 
 さあ、2時間目。次は面接練習だ。この日は時間の関係で、入室挨拶や退室挨拶に絞って練習した。みんなが見ているので照れくさくもあったようだが、やはり真剣に(自らのボケも周りからのツッコミもなく)取り組んでいた。

 今後も続けていきたい。

              IMG_2975

 

 

コメントは受け付けていません。