12月19日(金)「焼き芋」 平成26年度 第18号

 前々回の「食育 実習編」で予告していた「焼き芋」の日の当日を迎えたのが18日(木)の「生活科学」の時間。3年生の基礎学習の時間を使って朝から準備を始めたのだが。何と強風また強風。かまどを設置する場所はそれでなくても恩智川からの風がグランドへ吹き抜ける風の通り道。

 さすがに、これは「ヤバイ!ーーー」。「撤退命令!」。芋を濡れ新聞紙とアルミホイルで包んだところで作業は中止。ふと気付く。そういえば、今日はスタッフが一人出張日と重なって学校に来ていない。収穫日からざっと2ヶ月間この日を待ち望んでいたスタッフだ。「祈りって通じるんだ」と改めて思った意義ある瞬間だった。

 さて翌日。穏やかに晴れた日だ。かのスタッフも今日は来ている。機は熟した。しかし、すんなりと事が進んだわけではない。じつは前日のかまどの準備段階でトラブルが発生していたのだ。いつものようにブロックと煉瓦でかまどを組もうとしたら、その数が足りない。「あれっ、あれっ」。

 あちらこちら探し回っているうちに。「おっ、あれは何だ!」。廃棄物の仮置き場に「大きな鍋」を発見。しかも「二つ」。閃いた。「鉄鍋オーブンができる!」。これまで上から逃げていた熱を閉じ込められる。「もっと美味しくなる!」。「生活向上への飽くなき努力が新しい工夫を生む」。ヒトの原点に戻った実感を得た瞬間だった。

 という訳で、突如出現した「UFO」によって、遠赤外線効果でいつもより最短の時間で出来上がった焼き芋は、予想通り味もこれまでで最高だった。

 「今日はたくさんできたからお世話になっている先生方にも食べてもらおう」。校長先生、教頭先生、保健室、担任の先生方—(届かなかった先生方ごめんなさい—)。

 職員室の担任の先生に届けに行った1年生。「声が小さい!(入室挨拶の)」「やり直し!」。ようやく入って届けたら「ありがとう」の言葉。ほっとした。その瞬間。他の先生から、「俺の分は無いんかい!」。「——」。

 翠翔では、本コースの生徒達にとっても、引き続き「鍛えられる日々」が続くことが実感された1日の終わりだった。

        IMG_1311 IMG_1283 IMG_1305

コメントは受け付けていません。