号外 本校卒業生 世界へ

 世界へばたけ、風となれ!!

 いつもに比べてたいそうなタイトルになったが、本校7期卒業生の門田丈幸君の快挙である。

 以下、読売新聞(2013年5月19日付け日刊)によると「6月にチェコ・プラハで開かれる知的障害者の「陸上世界選手権」の1500m日本代表に選ばれた。

 昨年10月の国内大会で同種目優勝、11月に開かれた世界選手権選考会で代表3人に入った。今年4月の記録会では、4分17秒25の自己ベストを記録した」ということである。

 この記事に先立って、門田君の保護者からの一報はあったのだがこうして大々的に公表されたことは喜ばしい限りである。

 丈ちゃん(我々はそう呼んでいる)は本校陸上部に在籍していた。クラブ活動を続けるには課題がたくさんあるのだが、本人の意思と保護者の熱意に応えた部顧問と部員全員に支えられて3年間頑張り続けた。

 また、新聞記事にもあったが絵を描くのが好きで、漫画ではとくに大好きな「ルパン3世」の絵をよく描いていた。

 1年生の頃は「頑張りや」と声をかけられると「僕は頑張っているのにもう言わないでください」といって少し怒っていたが、今回、出場おめでとうメールに「がんばってや」と送ると「8位入賞めざして頑張ります。ルパン3世がいるかどうか探します」とかえってきた。

 丈ちゃんと保護者の努力がまた一つ実を結んだことの喜びはもちろんだが、その返信がまたなんとも嬉しかった。

 プラハでの「走り」を存分に楽しんで来てね。先生たちは「旗の寄せ書き」を通して日本から応援してるよ。丈ちゃん「頑張って」 。

 職員手作りの応援旗を持って決意を新たに!

                        

     後悔しない、自分の力を出し切れる走りができる事を祈ってます。ガンバ!丈ちゃん!

コメントは受け付けていません。