6月12日(水)校外実習「大阪市立博物館・大阪市立自然史博物館」その二

天メニューでは晴れる。これがクリスタルの通例である。

 というわけで予定より早く美術館を後にした一行は急遽予定を変更。徒歩で行けて、しかも入場料のかからない大阪市立天王寺動植物園へ。

 ちなみに本校支援室が校外実習で選定する行き先は圧倒的に大阪市立の施設である。

 その理由はすでにお気づきの方も多いだろうが、ほとんどの施設で「療育手帳およびその付添者は入場無料」となっているからである。

 これで本人・保護者の負担軽減はもちろん、職員の公費負担も少なくてすみ、学校の財政を圧迫することも少なくすむ。大変ありがたい制度だ。感謝です。

 さて、動植物園は、昨年の企画にもあったし、1年生3人も数日前に私的に遊びに行っていた(仲が良くてほほえましい限り)ので、反応はどうかと思ったが、一同大歓迎。やはり動植物が人の心をいやすことは間違いないようだ。単純に楽しい。

 園内自由行動で約一時間半くらいを過ごす。自然にグループに分かれた生徒たちも時間をしっかり守って集合。そして長居公園の一角にある自然史博物館へと出発。

 校外実習の課題の一つである乗車券の購入。路線図を見ながら行き先の駅と料金を確認する。これはなかなかいい勉強(国語・社会・算数)になる。で終わりたいが、昨今の科学技術の進歩はここで終わらせない。商品名を出していいのやら悪いのやら―――。

 ピタパやイコカ。改札口を通せばそれですべてOK。いい時代になったのやらどうなのやら―――。その分、事前学習での行き先・経路・料金調べの重要性が増してくる。先にやってるからまあいいか。ちなみに私は昨年秋から利用。便利でやめられない。技術は人の使いようですねえ。ICカード万歳。

 さて30度を越える猛暑の長居公園。木陰でお弁当を食べた後、公園入り口から自然史博物館まで地図を片手にグループごとにポイントをたどるオリエンテーリング。この企画は今回初めてだったがなかなか好評。今後も使えそう。

 博物館内では与えられた課題(指示された展示物を写メに収める。やっぱり科学技術の進歩はすごい)を求めてグループごとに探索開始。モンゴル恐竜展の期間は残念ながら過ぎていて見れなかったけど、常設展示を楽しんだ。

 帰りは見どころ情報の出ていた植物園のアジサイを楽しみながら駅へ。地図と時間で計算したら歩行距離は10kmを超えていたそうな。

 芸術作品と動物と自然の美に触れることができたちょっと疲れた楽しい一日。けどやっぱり暑かった。

                         
                  青空の下、白い美術館が映えて美しいですね。
 

 

                       
              木漏れ日を見ると熱い日差しも少し和らぐ気がしませんか?

 

  

       アジサイたちの写真です。淡い色がとても綺麗ですよね(※クリックで拡大できます)

コメントは受け付けていません。