自立支援コース授業内容のご紹介 「クリスタル授業 家庭科実習(1)」 平成25年度 第6号

界にひとつだけの―――――

  一筆書くと乗ってくるもので―――。前回の「説明会のお知らせ」に続いて今回は「自立支援コース生徒のみの授業」の紹介です。

 本コースの生徒の授業は、大きく分けて原学級で受ける授業と本コースの生徒のみで受ける授業の2種類のものがあります。さらに本コース生徒のみで受ける授業は、先生とマンツーマンで受けるものと小集団(3~7人)で受けるものとがあります。

 今日はその中の一つ「家庭科実習」を紹介します。この授業は2年3人、3年3人の計6名が毎週2時間受けています。その名の通り被服・調理・工作が主な内容です。その中で今日は2つ。エコバックとエプロンの製作の紹介です。

 エコバックはたためばポケットに全部収まってしまうというなかなかの優れものですが、生徒たちの評判はいま一つだったようで「いつ使うねん」「誰が使うねん」ーー。罰あたりにもほどがある。一方、エプロンの方はなかなか好評で「おしゃれやなあ」。

 家庭科教諭と実習教員とサポーターの3人で担当していますが、なかなか大変です。今後、自分で作るのは難しいだろうけどせめて家で使ってくれれば労も報われるのですが―――

            エプロンはこんな感じ。カラフルでおしゃれですね^^

            こちらはエコバック。便利さに気づくのはもっと後かなぁ?

    
             製作中のクリスタルメンバー。真剣な表情です。

コメントは受け付けていません。