自立支援コース授業内容のご紹介 「クリスタル授業 理科実験(1)」 平成25年度 第9号

思議に満ちた世界

         

               左二枚がポップコーン、右の写真がアイス作りの図です。

                 

              この二枚はペットボトルロケットですね。結構飛ぶんですよ。

 これは3年生3人、1年生1人(カリキュラムの関係で残念ながら週3時間のうち1時間しか参加できない)の計4人の授業である。身近な現象や製品を取り上げ科学的な説明をしながら実際に作ってみるという支援室スタッフに今年度迎えた理科教諭による実験を中心とした授業である。

 1学期に取り組んだものは、
「メスシリンダーの使用法からスポーツ飲料作り」「ガスバーナーの使用法からポップコーン作り」
「牛乳パックを材料にした竹トンボならぬパックトンボ」「建築強度の学習からマッチ棒の橋作り」
「食塩の温度低下作用を利用したアイスクリーム作り」「空気圧と水圧を利用したペットボトルロケット作り」
などなど。

 こういった授業は本コースの生徒のみならず子供にとって非常に有効なものであが、カリキュラムの制約があってなかなか実施は難しい。しかしながら本校では自由選択の学校設定科目で実施できる。

 実験中「えー。すごいやん」「そうなるとは思わんかった」―――等々の声を聞くのは本当にうれしい瞬間である。

          

          こちらはスライム製作ですね。『仲間になりたそうにこちらをみている!』

コメントは受け付けていません。