7月8日(火)「残念ながら七夕は曇り空」 H 26年度 第2号

 星にいを。

 毎年恒例の七夕行事も期末考査終了とともに終わった。支援コース生徒が短冊(合計460枚)を用意し全部売り切れ(もちろん無料)。今年もたいそう好評だった。市販の飾りに手製の飾り(ネット検索で作り方がすぐわかるのがありがたい)を付け足して笹につける。手指の良い訓練になる。作っていたら何となく楽しさを感じるのがありがたい(—年をとっても—)。

 笹は昨年に引き続きスタッフの職員の実家でもらう。今年は長持ちさせるために笹の切り口からペットボトルの水を吸い上げるよう細工したが、効果があったように思う。―――そうであったと信じよう―――。


 頭(こうべ)を垂れてお願いする。敬虔な気持ちを思い出すのに良い機会だ。来年も続けたい。

          

               お手製の飾りを作って、飾り付け。素晴らしい仕上がりです。

                          

                今年も短冊がたくさん。皆さんの願い事が叶うことを祈って。 

コメントは受け付けていません。