収穫野菜シリーズⅥ(番外編Ⅱ)「これはなかなか大変だ」平成26年度 第8号

堂々結! 自然のみ、ごちそうさまでした!!

 さていよいよ初のロングランとなった収穫野菜シリーズも本当に最後となった。(とはいえ春夏編が終わっただけで「収穫の秋編」に続くのだが)

 ここで、いつもいつもお気楽にやっているだけではないということを知っていただきたい。畑仕事は本当に大変だ。先ず耕さないといけない。

 おっとその前にあの憎き雑草抜きがある。「憎き」とついつい不穏当な言葉を使ってしまったが、これを手作業でされている方々はおそらく同じ思いをお持ちのはず!「雑草のようにたくましく」というフレーズがよく使われるが、「あまりに過ぎてもなあ」とちょっとだけ思う炎天下の私たち。

 ただ、この春に新兵器を導入。「畝にかぶせるビニールシート!」以前からこれは保温用だと思っていたが、「これは雑草を防ぐのではないか?」ということに今更ながら気付いたのだった。大正解。雑草抜き作業が大幅に軽減された。「熱がこもるのでは」という声もあったがいったん楽を覚えた私の耳には残るべくもなく、また新たに入るべくもなく。

 あとは前にも書いた「虫対策」。できることなら殺虫剤は使いたくない。葉に群がる「青虫」を一匹一匹割りばしで捕っていったのだが、翌日には元の木阿弥。3回目に決心。しかたなく初めて薬を使った。それでも虫たちの攻撃は何度も続く。減農薬や無農薬で栽培されている方々には本当に頭が下がる。そこで結論。「冬野菜以外の葉物はもうやらない」。無精な支援室スタッフ(私だけかも)らしい結論だ。

 そうそうカボチャが2個(玉?)採れた。終業式間際だったので生徒たちに分配。我々スタッフの分はなかったので味は不明。夏休み明けに家で食べた感想が聞けたらなあ。ちゃんと料理して食べてくれるだろうか―――?

              

                作業前をパシャリ。凄い量の雑草が・・・

              

              作業風景。雑草たちの生命力には脱帽です。

        

         収穫できたカボチャとブロッコリー。みんな美味しく食べてくれたかな?

コメントは受け付けていません。