教育方針

教育方針

  • 基礎的な学力の充実に努めるとともに、自ら課題を発見し、その解決を図っていく意欲的な態度を育成する。
  • 豊かな個性と能力、創造性活力にあふれた人材を育成する。
  • 体験的な活動を通じて社会の一員としての自覚や社会性を育み、個と社会のつながりの大切さを体得させる。
  • 学校づくりに進んで参加する意欲を培い、学校の歴史と伝統を創造するという自らの誇りを感得させる。

八尾翠翔高等学校エンブレムの由来

八尾翠翔高等学校エンブレム中央に光り輝く六角星は、5学区初の普通科総合選択制で実施される6種類のエリアを表す。
その真中に八尾翠翔高校のスクールカラーである翠緑色(=エメラルド)を使って、八尾の「Y」と翠翔の「S」の頭文字があしらわれている。

天を指す銀のペンは学問への弛まぬ向上心を、それを支える銀の槍は強靱な精神と身体を表す。また、徳を高め人間性を豊かにすると言われる翡翠の勾玉を左右にあしらい、金の帯がそれらを一つにし確かと結ぶ。このペンと槍の融合は文武両道の志を、更に左右に翡翠の勾玉と、金の帯を合わせもち、総じて「智・徳・体・愛・和」の理念を表わしている。
ペン、槍、勾玉から生え伸びて、すべてを包まんとする眩い金の翼は、無限に広がる未来へかけ翔る八尾翠翔高校を象徴している。

ページトップへ